エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

職場のパート社員の排泄を間近で見て興奮したスカトロ体験談

事務系の仕事をしている関係上よく事務所でパート(40歳)の真由美さんと
二人っきりになることがあります。
真由美さんが会社に勤めだしてから3年になりますが、1年ぐらい前から
犯したいと思っていた。
よくお尻を触ったりはしていたが、なかなかデートにも誘えず、ましてや
無理やりなんては出来るもんじゃない。
3ヶ月ぐらい前、前日に友達から良く効く媚薬だよといってもらったものを
ポケットに入れたまま仕事をしていると、真由美さんと2人っきりになった。
真由美さんがコーヒーを入れてくれて二人で飲んでいると真由美さんの携帯が
鳴り出し外に出て行った。

義理の母に逆レイプされたスカトロ体験

私が中1の時に父は離婚して中3の時に再婚しました。相手もバツ1で息が合ったらしく出会って1ヶ月で再婚しました。
それから2年ほどは、平穏無事な毎日を送ってきました。
ある日、友達から借りたDVDをベッドの下に隠して出かけに行って、帰ってきたときに机の上にあったのを見たときは心臓から飛び出るくらいびっくりしました。見つかったDVDというのがまた若妻ものだなんて、本当に運が悪かったとしか言えなかった。
 その夜、みんな寝静まった頃、借りたDVDを見ようとすると、部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。不振に思い扉を開けると、スケスケの下着を着けた30代独特のムッチリとした肌とシットリとした唇が目の前にありました。

職場のパート社員が「いやぁぁ見ないでぇぇぇ」といいながら大量の排泄www

事務系の仕事をしている関係上よく事務所でパート(40歳)の真由美さんと
二人っきりになることがあります。
真由美さんが会社に勤めだしてから3年になりますが、1年ぐらい前から
犯したいと思っていた。
よくお尻を触ったりはしていたが、なかなかデートにも誘えず、ましてや
無理やりなんては出来るもんじゃない。
3ヶ月ぐらい前、前日に友達から良く効く媚薬だよといってもらったものを
ポケットに入れたまま仕事をしていると、真由美さんと2人っきりになった。

名古屋の錦のスカトロヘルス嬢

数年前の話だが、俺は名古屋の錦に在った「ル*ン」というヘルスでリョウ
という名で働いていたバカ女と付き合っていた。
リョウは高校を出たばかりの18歳だったが、今のタレントで言うと加藤○
いタイプの鼻筋が通った大人びた顔立ちの美人だった。
俺は密かにリョウに憧れ欲情していた。
最初はただの顔見知りと言う感じだったが、リョウが男と別れた聞いて、そ
の寂しさにつけ込んで簡単に口説き落としてやった。
そして付き合い始めてすぐに俺のマンションに連れ込んでオマンコしてやっ
た。
俺は自分で言うのもなんだがチンボがデカい。

母は、小走りにトイレに行きましたが、漏れてるのが解りました

昨日の朝、母が、トイレから出てきたら、「少し出血した。」と言いました。自分は、「痛みは、病院へ行ったほうが良いのでは。」と言って連れて行くことにしました。
 母が、排便時に、強い痛みがあって、肛門が切れたみたいなんです。
母が、病院で受付を済ませ、自分も一緒に診察室へ入りました。診察してくれた先生は、女医でした。母は、先生に、症状をいいました
 先生も、母に、いろいろ聞いたのです。「痛みの強さとかどんな時。残便感。便のかたさ。ガスが出ているか。便秘は何日か。」
母 「排便時にかなりの痛みがあって、かたい便が少し出ただけです。5日です。」
先生 「便少しだけ、お腹見るからスカ−ト脱いでベット寝て。」


検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。