エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

俺と友達の妹との間でいけない秘密できちゃったエッチな体験談

僕が大学生のときに友達の妹(奈々子、以下N)とセックスしたときの思い出だけど。

友達(A)とは昔からの仲で遊ぶときはNも一緒でした。

高校卒業してAは就職と僕は県外で別になりNは夏休みに遊びに行きたいといい僕のアパートに泊りにきました。


次の日に海にいくことになりNのビキニ姿をエロ目線で見るくらいおしりの形もよく胸もそこそこ、泳ぐどころではなかったです。


僕が大学生のときに友達の妹(奈々子、以下N)とセックスしたときの思い出だけど。

友達(A)とは昔からの仲で遊ぶときはNも一緒でした。

高校卒業してAは就職と僕は県外で別になりNは夏休みに遊びに行きたいといい僕のアパートに泊りにきました。

飲み会で知りあった色気ムンムンの巨乳ちゃん

飲み会で知りあった色気ムンムンの巨乳ちゃん。
男友達とその娘の三人で僕の部屋で飲み直し。

酔いも進んで王様ゲームやることんなった。

段々エスカレートしてその娘を裸でよつんばいにし、親指で肛門を拡げ友達と観察して大笑いしてるとその娘のアソコがビッショリしてきたのでしばらく放置してやった。

その娘が辛抱出来なくなりフェラ懇願。
でもさせないで今度は机の上にオシッコ座りさせびらびらを自分で拡げさせた。

自分はベッドから俯瞰的に見てたけどそん時程女性の体が美しいと思った事は今もない。

僕も相当コーフンしてたがぐっと押さえ、その体勢のまま勃起したクリの皮を剥いてゆっくりと丁寧に舌先で舐めてやるとあっというまにしなだれてた。

その後は友達が上半身を中心、僕が下半身を中心に好き放題もて遊んだ。僕はアソコと尻の穴をじっくりと観察しつつ筋の一本一本まで丁寧に舐めてやると友達のを口にくわえたまま何度もその娘の体がビクンッと波打ってた。

最後は人生初の生中出、同時に昇天の偉業を達成したが今でも思い出すのは彼女のよつんばいとオシッコ座りだ…

あれから10年経ち変態度は増しているがあれほどコーフンした事は今もない。

女のコを只の玩具として扱い、その美しいさに崇高さを感じた甘酸っぱいお話でした。

普通のセックスでは満足できない身体になってしまいました・・

僕の彼女の和歌子は学生時代にホームレスに輪姦されて以来
普通のセックスでは満足できない身体になってしまいました。
複数姦、強制連続中出し、強姦、汚ちんぽ掃除、アナル拡張、
強制口まんこ、露出姦、手錠姦等変態プレイでないとイカない身体です。
そんな和歌子をみんなで犯してください。

和歌子がホームレスに輪姦されたのは大学の頃。
河原で犬の散歩をしている時でした。
突然後ろから殴られ気が付いた時は汚い小屋の中で
見知らぬホームレスが上に乗ってギシギシ腰を振っていたそうです。
小屋の中には3人男がいてひとりは和歌子の貧乳にしゃぶり付き、
ひとりは和歌子が犯されるのを部屋の角から見ていたそうです。
気が付いた和歌子が抵抗すると挿入していた男に
顔と腹を散々殴られたそうです。

そしてぐったりした和歌子に対し死体を犯すように
ひたすらピストンしたそうです。
和歌子は怖くて中出しされるのにも抵抗できなかったそうです。

その次は乳に吸い付いていた男に中出しされ、
その最中はひとり目の射精チンポを口にねじ込まれて
お掃除させられたそうです。

そして部屋の角から見ていた男は勃起しなかったらしく
和歌子の身体をずっと舐め回していたそうです。

その男は和歌子の身体の中でも
特にワキを執拗に舐め回しました。

中出しには抵抗しなかった和歌子ですが
ワキ舐めは恥ずかしくて抵抗しました。

夏の暑い日だったためワキ汗が匂ったからです。
しかし男はその和歌子のワキ臭に興奮したのでしょう。

その後和歌子は朝まで代わる代わる犯されてから解放されました。

和歌子はきれいな顔立ちで少し厚めの唇を吸ってやると悦びます。
和歌子は155スリーサイズは78-57-78の幼児体型。

特にAカップの貧乳に付いた乳首は感度がよく、
ブカブカのブラに擦れていつもコリコリに勃起しています。
このコリコリ乳首を指で弾くと子犬のような声を漏らして腰をくねらせます。

幼い感じの和歌子ですが剛毛で、処理の許されていないまん毛はボーボー、
ワキ毛もたまに伸ばさせます。

理系出身の和歌子は普段は軽い下ネタにも顔を赤らめますが
私のおちんぽの前ではどんな命令にも従うようになりました。

最近はセックスの最中にずっとレイプ体験を語らせます。
和歌子はシクシク泣きながらその時の話をします。

ホームレスにおもちゃにされた和歌子の話を聞くと
私のおちんぽも普段よりカチカチになり、和歌子も濡れやすくなり、
おまんこをおちんぽでかき回すとほんとにジュブジュブといやらしい音をさせます。

特にワキに顔を埋めてべろんべろん舐めたり、
クンクン匂いを嗅ぎながらピストンすると和歌子は泣きながらイキ果てます。

和歌子は僕のおちんぽ奴隷なので絶対服従します。
先日は件のレイプ現場へ一緒に行き、
河原で白昼フェラをさせました。

当時のホームレスは居ませんが新たなホームレスが
ジロジロこっちを覗くなかおちんぽ奉仕をさせました。

和歌子は私のおちんぽの皮を舌だけを使ってめくり上げ、
カリにたまったチンカス掃除をしてくれます。

私はご褒美に濃厚なおちんぽミルクを和歌子に飲ませてやります。

私が射精した後覗いていたホームレスの
おちんぽをしゃぶるように和歌子に命令しましたが
さすがに嫌がりました。

仕方がないので嫌がる和歌子の髪を引っ張って
力ずくでホームレスのテントまで連れていきました。

ホームレスのおじさんも最初は驚いていましたが
好きにしていいと和歌子を放り投げたら
二人がかりでのしかかっていきました。

和歌子のワンピースは簡単にはぎ取られ
すぐにハダカにされました。

一人は和歌子の口に臭そうなおちんぽをねじ込んで
必死に腰を振っています。
和歌子は顔をヨダレと鼻水と涙でドロドロにしてむせています。

もう一人は和歌子の股に顔を埋めて
おまんこを狂ったように舐めまくっています。
汚い指を和歌子の膣穴に突っ込んで
おまんこ汁を掻き出してジュルジュル吸い上げています。
やがてクンニでベトベトになったおまんこに
チンカスで真っ白なホームレスおちんぽをねじ込みました。
和歌子は泣き叫んで私に助けを求めていましたが
それを見ながら私はゆっくりと自分のおちんぽをしごいていました。

和歌子を公園の公衆トイレに連れていき
みんなの公衆おまんこにもしてやりました。
公園にいた高校生をトイレに呼んで
和歌子がフェラをしてやりました。

童貞だったらしくズボンを脱いだ時点で
おちんぽが痛々しいぐらいカチカチに反り返っています。
和歌子が「おちんぽ様にご奉仕させてください」と言うと
おちんぽの先から透明な汁が出ています。

高校生から始まり15人ほどに和歌子の口まんこをしてやりました。
最後は和歌子の顎が閉じないくらいでした。
和歌子の口が使い物にならなくなったので
次はおまんこを酷使します。

フェラ興奮した和歌子のおまんこは閉じたままでも
たらりと汁が漏れるぐらい濡れています。
見ず知らずのおっさん生おちんぽが
和歌子のおまんこに容赦なくブチ込まれます。

次々に中出しされて和歌子のおまんこはザーメンでタプタプです。
犯され過ぎて少し頭が壊れた和歌子を家に連れ帰りお風呂で清めます。
それからベッドに連れていきゆっくりと私が和歌子を愛してやります。
虚ろな目で無表情で声も出さない和歌子を犯すのは
ラブドールとやっているみたいです。

家の中では常に裸におむつ着用で放し飼いにされている和歌子。
隣の家から見えるリビングでも裸なので
おっさんや中学生の息子がよく覗いてきます。

そんな時はスケベな和歌子を鑑賞していただくために
カーテンを開けたままリビングで犯してやります。
トイレの使用は許可されていない和歌子はおむつに用を足します。

1日経ったおむつをリビングのソファーで
まんぐりがえしにして交換してやります。
おしっこもうんちもたっぷりでおむつはずっしりしています。
和歌子の蒸れたおまんことおしりの匂いは素晴らしい。

頭が少し壊れた和歌子でも
クンクン匂いを嗅いでやると恥ずかしがります。
汚れたおまんことおしりをキレイに拭いたら
お礼のおちんぽ奉仕をさせます。

和歌子のフェラは厚めの唇で輪を作り、
ゆっくりとカリに引っ掛け、舌はねっとりと
おちんぽの根本から鈴口まで舐め上げます。

私が許す限り3時間でもシャぶり続けます。

私のおちんぽが和歌子のヨダレでベトベトになり、
これ以上ない程カチカチになったら
隣の親子に見えるように和歌子を犯してやります。

犯され過ぎて理性が無くなりかけている和歌子は
性的な快楽を与えると動物のようです。
私とのセックスは交尾と言った方がいいかも知れません。
ただただおちんぽ欲しさになんでもします。
私と和歌子の交尾を見ながら隣の親子はオナニーをしています。
和歌子の公衆おまんこを使って射精し、
口まんこでおちんぽ清掃させたらリビングで口内放尿してやります。

フニャちんぽを和歌子の口に突っ込んで全開放尿。

和歌子は苦しそうに喉をごぼごぼいわせ、
鼻からも私の聖水を垂らします。
当然床にこぼれた聖水もキレイに舐め取らせます。

沢山のおちんぽに犯されて妊娠する和歌子。

和歌子の膣穴はいつもおちんぽミルクでタプタプなので
誰に種付けされたかわかりません。

お腹が膨らむのと同時に貧乳もパンパンに張っています。

和歌子の身体を細縄でギチギチに縛り上げて口には猿轡、
鼻フックのお化粧をして夜の公園に連れ出します。
抵抗したら腹を殴るフリだけでおとなしくなります。

誰の子供かも分からないのに必死で守ろうとします。
和歌子はバカなメスです。

公衆トイレに手錠でつないでおくと酔っぱらいに犯されました。
パンパンの貧乳をぎゅうぎゅう揉みしだかれて
痛みに涙を流す和歌子。
酔っぱらいは手加減してくれません。
和歌子の膣穴をゴリゴリ犯して中出し、
最後は和歌子の頭から放尿、
フニャチン口まんこ掃除と好き放題。
妊婦和歌子は小便くさい身体でシクシク泣くばかりです。

女の子を出産後の和歌子が
またすぐに孕むように精液注入は容赦しません。
母乳プレイもできるようになりました。
赤ちゃんに飲ませる母乳はありません。

ぎゅうぎゅうと貧乳を掴みあげて乳を全て搾りだして私が味わいます。
和歌子のコリコリ勃起乳首がとれるくらい吸いあげてやります。
赤ちゃんには私のおちんぽミルクを飲ませます。
さすがに淫乱メス和歌子の子供だけあって
精液を美味しそうに飲みます。

和歌子がどうしても赤ちゃんに乳をあげたいと言うので
仕方なく飲ませてやることにしました。

ただ飲ませるのはおもしろくないので赤ちゃんを抱えて
授乳中に和歌子の膣穴を使ってやりました。
自分の子供の目の前で私の極太おちんぽを
出し入れされていることを和歌子の耳元で囁きながら犯してやります。

自分の母親が犯されておまんこを濡らしているとは
知らない赤ちゃんは無邪気におっぱいに吸い付いています。

和歌子には赤ちゃんの前でもおちんぽ請いが
できるように教育がしてあります。

赤ちゃんの目の前で「おちんぽ様で膣穴をふさいでください、
膣壁におちんぽ汁塗りこんで子宮にザーメン注入してください、
和歌子の下品なおまんこが壊れるまで使ってください。」と繰り返します。

おちんぽ中毒の和歌子はアナルも敏感です。
外出時はたっぷりのビーズを尻穴に仕込んでお散歩します。
散歩中に苦しそうにしゃがみこんでも無視して連れ回します。
そのまま電車に乗せて昼間人気のない車両で
ビーズを一つずつ取り出してやります。

うんちのついたビーズをひりだしてうっとりとした顔をする和歌子に
その場でおシャぶりをさせます。

電車から降りるとトイレに直行して
和歌子のエロアナルをおちんぽで擦り上げてやります。

和歌子の尻まんこで射精したら
うんちおちんぽをキレイに舐めさせます。
キレイになったおちんぽは和歌子のエロワキに
ローションを塗り込んでワキコキさせます。

和歌子の洗ってないワキの匂いと味は素晴らしく、
そのワキにカリを挟みこまれるとすぐにいきそうです。
ただ、ローションを塗るまえにワキ臭を鼻で楽しみ、
しょっぱいワキ味は舌で楽しみます。
和歌子はワキ肉を噛んでやると
いい声を上げる変態ワキガメスです。みんなの性欲処理便器和歌子は

クリトリスが異常発達しています。
皮の剥けた和歌子の勃起クリちゃんは
小指の第一関節ぐらいになります。
いくら足をピッタリ閉じてもデカクリが飛び出しています。
そんな和歌子の赤茶けたデカクリを舌先で弾くと
狂ったように足をバタつかせます。
私の唾液と和歌子のまんこ汁で濡れたクリおちんぽを
指でつまみ上げてしごいてやるとヨダレを垂らして喜びます。

スケベメス和歌子を山奥の廃屋に連れて行きました。
性欲旺盛な変態おちんぽが15人スタンバイしている廃旅館です。
和歌子には温泉に行くと言い含めて連れてきたので
裸でギンギンおちんぽ丸出しの男共が待ち構えているのを
知った時は青ざめて震えていました。

おちんぽ共は和歌子を見て大興奮

すぐに和歌子に飛び付いて裸にひんむいてしまいました。
よってたかって和歌子の身体をなぶり弄びます。

すぐに1人目が和歌子の乾いたおまんこに
おちんぽをぶちこんで犯しています。
代わる代わる犯されて和歌子のおまんこは
赤く擦り切れていました。
乳首も皮が剥けるほど弄られています。

和歌子が目も虚ろでぶつぶつ独り言を
言い出してもお構い無く犯し続ける変態共。

おまんこ、アナル、口まんこ、鼻、耳、和歌子の穴
全てにくっさーい精子が注がれ溢れています。
和歌子のおまんこには
大型のマッサージバイブが突っ込まれっ放し。
和歌子は気を失っています。
まだ満足しない連中は気絶している和歌子を
死体のように犯します。
和歌子のおまんこは犯され過ぎ、
壊れてしまったのでアナルで処理します。

私の夢は和歌子を連れて刑務所に慰安訪問することです。
何年も溜め込んだ何百人もの欲望を
私の見ている前で和歌子に注いでもらいたい。
中にはツブツブ真珠おちんぽもあるでしょうから
その突起で和歌子の膣壁をえぐったり
デカクリを擦りあげたりしてもらいます。

性犯罪受刑者で溢れる運動場に和歌子を放します。
泣き叫びながら逃げ回る和歌子の服は
すぐに剥ぎ取られて何本もの手に身体をなぶり廻されます。
和歌子が叫ぶほど男達は喜びオチンポを固くします。
運動の時間は2時間なので運動場でのレイプ運動は2時間まで。
その間20発程中出しされ、身体や顔は
その倍ぐらいのザーメンがぶっかけられます。
和歌子はショックで白目で泡を噴きながら失神、
オシッコも垂れ流していますが
お構いなく膣穴、尻穴を酷使してやります。
和歌子のおまんことアナルは赤く擦り切れ、
強制フェラで顎が外れてだらしなくよだれが垂れています。

淫乱メス家畜和歌子とドライブに行きました。
もちろん和歌子は着衣禁止なので
裸に首輪と鎖が付けられています。

コリコリとした両方の勃起乳首にはローターが
設置されていて私がスイッチをオンにすると
すぐにまんこ汁が垂れます。

助手席に座った和歌子は前を向くことは許されず
常に私の股間に顔を埋めていなければなりません。

私の運転中は常におちんぽを喉奥までくわえこむのです。
きちんと射精させることができておちんぽ汁を飲み干せたら
ローターのスイッチをオンにしてやります。

和歌子は後ろ手に手錠されているので
いくらおまんこがムズムズして汁を垂らしても
自分で慰めることはできません。

クンクンと子犬のように鼻を鳴らして腰をくねらせなから
「お願いします。おまんこいじりをさせてください。
和歌子のドスケベ淫乱おまんこを触らせてください。
みんなの見てる前でマンズリさせてください。」と
私にマンズリ請いをします。

公衆肉便器和歌子をハプニングバーに連れて行きました。
和歌子は隣で必死に首を振って否定していましたが、
和歌子のおまんこは生、中出し専用でおまんことアナル
同時挿入しながら口まんこも可能、レズレイプも歓迎と説明しました。
今回は女性も参加していて太めの中年女性が
和歌子を気に入ってくれたようです。
和歌子の華奢な身体を男性陣が押さえつけ、
デブおばさんが特大双頭ディルドで和歌子を犯します。

和歌子のおまんこにはディルドはあまりに大き過ぎるようでした。

痛がり、必死に抵抗する和歌子の顔をデブおばさんは
鞭の柄で何度も殴っておとなしくさせます。
おばさんはぐったりした和歌子のおまんこに
極太ディルドを体重にまかせて一気にねじ込みました。
あまりにの痛みに和歌子は泣き叫びますが、
かえっておばさんを喜ばすばかり。

極太に和歌子のおまんこがミシミシ音をあげると
嬉々として腰を入れてきます。
和歌子が気を失って抵抗しなくなるとおばさんは腰を離して
和歌子に顔面騎乗し、口を開けさせて放尿し始めました。
強烈なアンモニア臭と息苦しさに和歌子が目を覚ますと
おばさんは汚いおまんこを和歌子の顔面に擦り付けてマンズリ。
顔面汚マンコ掃除の間に和歌子の貧乳は男性二人に
ギシギシと揉みしだかれ、屹立した乳頭をガリガリと
噛み転がされています。

そして空いた和歌子のおまんこには別の男性の
生おちんぽがすでに挿入されています。

男性陣がハメている間はおばさんが
和歌子を羽交い締めにしています。

おばさんは和歌子の耳元でおまんこにおちんぽが挿入され、
中出しされた沢山の精液がかき混ぜられて泡だっていることを話します。
和歌子のおまんこは何発も中出しされ、精液が溢れています。
なかには順番待ちの間自分でおちんぽをしごいて、
順番が来たら射精だけを和歌子の
公衆おまんこにする輩までいます。

和歌子が私の目の前で代わる代わる凌辱されて
だんだんと壊れていく様を見ているだけで私は射精してしまいます。
和歌子のだらしなく緩んだ口元からは涎が垂れ、
ぶつぶつ独り言を漏らしています。
輪姦されて狂った和歌子が堪らなく愛しいのです。

狂った和歌子を狂った障害者の餌食にするのもなかなかです。
障害者には立派なおちんぽをしたヤツが結構います。
そんな成人障害者を数人ハプニングバーに招いて
裸にして縛り上げた和歌子を差しだします。

障害者を5人招待して和歌子との
セックスパーティーを開催しました。
放っておくと人前でもおちんぽを弄りだすほど
理性のない精力旺盛なゲストたち。

セックスの仕方もよくわからないくせに和歌子のおまんこや
ワキの香りには興奮したようで無駄に大きなおちんぽを
パツンパツンに勃起させています。

一番軽度のヤツは交尾の仕方を知っていたようです。

抵抗する和歌子のおまんこに無理やりおちんぽ挿入を試みます。
自分のおちんぽに唾を塗ってメリメリと押し込んでしまいました。
一度入るとあとは快楽だけのために狂ったように突きまくります。
言葉にならない叫びを上げてひたすら腰を入れる障害者。
頭の足らない和歌子でも相手が普通じゃないのはわかるようで
普段以上に引きつった顔で必死に抵抗します。

さすがに溜め込んでいるだけあって
障害者の種汁の量は半端ではありません。
一度の射精だけで和歌子の膣穴から
ドクドク逆流して尻穴まで繋がっています。
和歌子はその後もずっと障害者に輪姦され
十分種付けされたところで解散しました。
和歌子が障害者の子供を
孕むことができたか結果が楽しみです。

皆の肉便器和歌子を久しぶりに私単独で何回も犯してやりました。
まず私のおちんぽを勃起誘発剤を飲んで
カチカチにしてから挿入します。

和歌子のおまんこは散々蹂躙されてはいますが
薄桃色の美マンなので挿入時が一番興奮します。
私を怖がって身体を硬くして震える和歌子を力いっぱい抱きしめて
子宮まで届くほど深くおちんぽを差し込みます。

最深部に到達してもまだピストンはしません。

おちんぽを和歌子のおまんこに挿入したまま
一時間ひたすら愛撫してやります。

そのうち和歌子の緊張も解れて子犬のような喘ぎを
もらしだすとおまんこがキューっと締まります。

ポリネシアンセックスです。

いくら和歌子が私を拒否しようとしても淫乱メスの和歌子では
これには逆らえないようです。

その後はピストンを早めます。

和歌子は私の腕の中で普段以上に狂います。
「おちんぽ様におまんこをかき回されておかしくなります。
ガマン汁もザーメン様も一滴残らず和歌子の肉便器に
流して孕ませてください。」と繰り返しながら必死で腰を振るのです。

おちんぽ中毒の和歌子にまだ蒼い子の相手をさせました。
可愛らしい顔をした塾帰りの3年生を近所の空き家に連れ込みます。
男の子は緊張しているようでしたが和歌子と同じくらい興味津々。
和歌子が裸になるとすぐに貧乳に噛り付いてきました。
ほんとにまだまだ子供です。

生おまんこは初めて見るようでしたが
あまり抵抗なくピチャピチャ舐めています。

気づくと男の子のおちんちんは皮を被っては
いるものの立派に勃起しています。

あまりにかわいいおちんちんだったので私が皮を剥いてやり、
口に含んでチンカス掃除をしてやりました。

男の子は男性に性器をなぶられた事に驚いたようでしたが
初めての快楽に切ない顔で応えます。

和歌子は自分の乳に吸い付く男の子の頭を
まるで我が子のように抱えてうっとりしています。

男の子おちんちんからガマン汁が出始めたら
和歌子のおまんこに挿入させます。
和歌子の淫乱壺に3年生の
可愛らしい童貞おちんちんが挿入されます。
男の子は初めてのおまんこに感動して必死に腰を入れています。
普段犯されているビッグおちんぽに比べるとかなりミニサイズですが
和歌子はおちんぽならなんでもいいみたい。

おちんぽサイズの物足らなさは自分でクリを弄ってカバーしています。

男の子に「胸を絞るように強く揉み上げながら乳首を強く噛んで」
「ワキに鼻を擦り付けながら舐めて、ワキを唾でもっと臭くさせて」
「若い新鮮ザーメン様をおまんこに排出しておまんこを精子漬け
にして」とリクエスト。

最後は和歌子の望み通り、
若い精液をおまんこに沢山出してもらいました。
泡だった精子まみれの小さく萎んだおちんちんを
和歌子は愛しそうに舐めています。

先日私が戻ると和歌子はソファーで寝ていました。
とてもかわいい寝顔でしたが下着を膝まで下ろして
右手がおまんこに添えられていました。
どうやらマンズリしたまま眠ってしまったようです。

とりあえず寝ているままの和歌子に目隠しと手錠をしてから
おまんこに私の洗ってないおちんぽを挿しこみました。
奥はまだまん汁が残っており、亀頭にねっとりと絡みます。
すぐにガシガシとハードピストン。

突然のことに慌てて目を覚ます和歌子。
しかし、目隠しと手錠にパニック状態です。

パニック状態になりながらもおちんぽピストンには
耐えられず「アッアッア」と小刻みに喘ぎます。
最後は和歌子の口に汚いおちんぽを突っ込んで
ザーメンを排出してやりました。

いただいたザーメン様をすぐに飲み込むと
お仕置きされることを知っている和歌子は
口の中で何度もクチュクチュしてから手のひらに出して
唇をすぼめて泡だったザーメン様を音をたててすすります。

和歌子の唾と私のザーメンが交ざりあって
倍くらいの量になったら喉を鳴らして飲み込みます。

それができたらご褒美ディープキス。

和歌子は性飲後のディープキスが大好物、
腰をくねらせて悦び、再びおまんこを濡らします。

和歌子を連れてクラブに行きました。

外人の多い店で、その日も日本人に
声をかけまくっていた黒人2人をつかまえました。
私が和歌子を好きにしていいと告げると
黒人2人はニヤニヤしながら和歌子の身体を触り始めました。

興奮した2人は和歌子とのセックスを
私に求めてきたので快諾してやりました。
これから何が起こるかやっと気が付いた和歌子は
嫌がってその場から離れようとしましたがもう手遅れ。

黒人2人は嫌がる和歌子を抱き抱えて
奥のVIPに連れていってしまいました。
しばらくして様子を見に行くとソファーに寝転んだ黒人に
騎乗位で乗せられた和歌子、黒人に華奢な腰をがっちり掴まれて
ガシガシ突き上げられていました。

あんなに嫌がっていたのに和歌子は虚ろな目で
もう一人の黒人おちんぽをジュブジュブと頬張っています。
どうやら変な薬を仕込まれておとなしくなったようです。
私の位置からはぶっといニガーおちんぽがねじ込まれて
和歌子のキツキツおまんこがミシミシ
悲鳴をあげているのがよく見えます。

ニガーおちんぽが和歌子のまん汁で
白く泡だっていて匂いまで漂ってきます。

2人の黒人に代わる代わる犯され、
ニガーザーメンでおまんこをタプタプにされた和歌子が
ハーフを孕むのが楽しみです。

おちんぽ奴隷の和歌子に駅のトイレでたっぷりと
浣腸を仕込んでから満員電車の旅に出かけました。
和歌子のお腹は浣腸液でたぷたぷしています。
一駅ごとに苦しさが増し、和歌子の額に汗がにじんでいます。

「お願いします。なんでも言う事を聞くので
次の駅でおうんちさせてください。」
「おうんちした後の和歌子の尻穴を好きなだけお使いください。」
と小声で上目遣いに私を見ながら懇願します。
そんな排泄を我慢して苦しむ和歌子を見て
私の愚息もガチガチに充血しています。
頑張っていた和歌子もある駅の後のポイント通過で
とうとう我慢の限界をこえてしまいました。
一度漏れだしたものは止まりません。
一気にだしきりました。

ただ、今回はスカートにオムツを
付けさせていたので外には漏れませんでした。
でも臭いは防げません。
車内に和歌子のおうんち臭が充満しています。
次の駅で降りてトイレでおうんち臭い
和歌子の始末してやることにしました。

都内のホテルの一室で貧乳愛好家を集めて
貧乳品評会を開きました。

もちろん私の自慢の愛奴和歌子も出品しました。
和歌子が品評会で高評価がいただけるように
全裸で腕を頭の後ろで縛り上げてワキを曝け出し、
尻穴にはラムネの瓶を挿し込んだ格好で出品しました。
そんな和歌子を見ながらみんなオチンポをしごいたり、
写真を撮ったりしています。

おまんこの具合も品評会の重要な採点項目なので
審査員の方々にはお試ししてもらいます。
皆さんゴムも着けずに生オチンポを
和歌子のおまんこにズブズブ挿しています。
審査員長がワキガフェチで和歌子のワキ臭が
大変気に入って頂けたようで、和歌子のワキに鼻を擦り付けて、
クンクンと芳ばしい匂いを嗅ぎながら狂ったようにピストンしています。

チンカス掃除機和歌子は一週間洗ってない汚チンポが大好物。
「発酵したチンカスを食べさせてください。
和歌子はアンモニア臭がツーンと匂う
おちんぽシャブリが大好きな変態メスです。」と
一週間皮も剥いてない激臭チンポを美味しそうに頬張ります。
綺麗にチンカス掃除ができたらご褒美に喉奥まで
勃起チンポを突っ込んで放尿してやります。

さらに排便後拭き取っていない尻穴舐めも無理矢理させます。
最近ではトイレットペーパー、ウォシュレットも必要ありません。
和歌子がかわいいお口で尻穴のウンチ掃除もしてくれます。
チンカス掃除は平気な和歌子ですが
ウンチは苦手なようでかなり嫌がります。

先日は尻穴を掃除している最中に和歌子の顔にウンチをしてやると
半狂乱になって逃げまわりました。
そんな和歌子をねじ伏せてウンチを身体中に塗ってやり、
そのまま和歌子の膣穴を犯してやりました。
和歌子は狂ったようにギャーギャー泣きながら抵抗しましたが
おまんこは正直。チンポを出し入れする度にマン汁が湧き、
キューっと締め付けます。
ウンチまみれの和歌子もなかなかです。

先日田舎にある廃工場に和歌子を連れて行きました。
皆さんにお配りするためのデカ乳首和歌子の
凌辱ビデオを撮影するためです。

総勢33人のオチンポ様にご参加いただきました。
周りに家がないほどの田舎ですから
和歌子がいくら騒いでも誰にも助けてもらえません。
せっかくたくさんのオチンポ様にお集まりいただいたので
ぶっかけにも挑戦。

時間が経つにつれ黄色い精液でどろどろになる和歌子。
和歌子が鼻呼吸をするとザーメン風船ができるほどです。
もちろんおまんこと尻穴への注入もしていただきます。
溢れた精液はペットボトルに集めてから和歌子に飲ませます。
和歌子の頭をみんなで押さえつけて
500ミリリットルのペットボトルに溜めた
黄色い精液を一気に飲ませます。

むせ返る和歌子の鼻から精液が逆流して垂れています。

おちんぽ奴隷の和歌子と真冬の露出散歩に出かけました。
普段でさえ勃起している乳首が寒空の下でますます固く屹立し
取れそうなほどに尖っています。
そんな和歌子の乳首を親指と人差し指で血が滲むほど抓りあげ
ると目をとろんとさせて喜びます。
空気がいくら乾燥していても和歌子のおまんこはいつでもお湿
り、いつでもだれのおちんぽでも入るように準備できています。

中だしに興奮して締まりが良くなるの

私は変態彼が大好きです

もちろん私も変態です

毎日エッチをしないときがすまないし

絶対逝かしてくれなきゃいや。


中だしされたり、犯されたりするとすっごく感じ締まりがよくなるみたい。

レイプ願望もあるドMちゃんです。

家にも隠しバイブローターがあって

よなよな彼が寝ている時も一人でオナニーしたり

エッチが終わった後でも逝きたりない私はこっそりバイブを入れクリを刺激し

彼にバレない様に快楽を楽しんでます。

私のこの変態ドMっぷりを開発したのも彼。

照れている私の脚を無理矢理こじ開け

いやらしく舐め回すの。

力が入って緊張してなかなか逝かなかった私だけど

彼の誘導によって今では逝きまくり感度がかなりよくなってしまいました。

でも唯一まだというものを吹いた事がなくて

よく分からないの。

どうすればをふけるのかな?

彼と研究中♪

私をもっと犯して

もっと変態にして

もっと感じさせて。。。

あっ。。。興奮してきちゃった。。。

黒人と白人に食べられちゃいました

一昨日六本木ヒルズで友達の美香と二人でショッピング中観光で来た黒人白人(共にアメリカ)の二人連れに声をかけられ、浅草、東京タワー、台場等を案内 し、夜は居酒屋へ行きたいと言うので居酒屋で盛り上がりました。

赤坂の某ホテルに泊っているので「makeloveok?」とのことで、外人は2人共経験 がありませんでしたので相談の結果、経験してみようと友達と二人で一緒に行き、私は白人、友達は黒人とそれぞれ別の部屋でしました。


彼のあれは、私の掌で 回りきれない太さと両手のこぶしをかさねても1/3位出る長さでした。

スキンもLサイズが2/3程度しか被されません。

いくまでの時間も長く、超気持ち良 さに翻弄され続け、途中からは生で中出ししてもらっていました。

隣の友達の上げる大きな声が時々聞こえ、それがまたHな気持ちにさせられました。友達とは 別々に帰りましたが、メールで連絡先を聞いたので彼らが帰る前にもう一度会って相手を変えてみない?と言ってきました。

連休最後にまた会う予定です。その 後の報告です。

7日に帰国するジョニー(白人)とビル(黒人)に会うために成田の某ホテルまで美香と行って来ました。

その日は明日(7日)からお仕事なの で泊れず、昼間だけで夜には帰りましたが、彼らはツインに泊っていました。

ホテルのラウンジでビールを飲んだあと、彼らの部屋に行ったのですが直ぐに makeloveになってしまいました。

最初は前回と同じく私とジョニー、美香とビルでイチャついていたのですが、シャワーを浴びて戻った時から、お互い の相手を代える位置のソファーに座りました。

美香も私もバスローブ1枚で下着は着けていません。

初め、彼らは戸惑っていましたが、気配でなんとなく察した のでしょう。

ビルが私の胸に手をあててきて、私はビルに引き寄せられました。

チラッと横を見ると美香の胸元にはすでにジョニーの手が入っていて唇を合わせ ていました。

それを見た私は自分からビルに唇を求めてしまいました。

ビルに荒々しく一気にバスローブを引き剥がされ、ベッドに押し倒されビルの手があそこ に当てられた時には期待で恥ずかしい位、濡れに濡れていました。

ビルの指が一番感じるところ(クリですが(恥))を的確に捉え動かすたびに声にならない声 を漏らしてしまいました。

美香の同じような喘ぎに美香の方をみると、仰向けになった美香の開いた両脚の間には、ジョニーの頭が挟まれ上下していました。

ビ ルの唇が段々に下へと下がりジョニーと同じことをしてきました。

私はいつの間にかビルのCockをパンツの上から握っていました。

(ワーッ、おっきい)と 思い、一瞬(大丈夫かな?)と、あそこに入るのか不安がよぎりましたが、先日美香が大丈夫だったんだからと自分を納得させました。

ビルがパンツを脱ぎ捨て た時、パンツからビーンと飛び出し、黒人は大きいと話では聞いていましたが、実物はやっぱり大きかったです。

そして硬そうでした。先日のジョニーは大きい ことは大きかったですが、ビルには硬さがありジョニーと比べものになりません。

ビルにクリを舐めあげられ、いつのまにか大きな声で喘いでいました。

気がつ くとビルのお尻が顔の上にありました。思わず目の前のものを口に頬ばりましたが(まさしく、頬ばるです)、すべて頬ばることができません。

ビルは「オー」 とかいって腰を使いだし、喉の奥に当たるたびに私は「オエー」となりましたが、ビルのクンニの快感には勝てませんでした。

隣の美香のことはすでに頭にはな く、美香の喘ぎ声も気にならなくなり、ビルとの行為に没頭していた私です。

ビルが足元へ回りCockを当てがってきました。

私は本当に入るのか確かめたい 気持ちで、自分のあそこが見えるように頭を上げ、一部始終を見ていました。

ビルの先が濡れたわたしのあそこに一部入ってきました。

(きつい・・・)が第一 印象です。「ダイジョウブ?ダイジョウブ?」とビルが気を使いながら少しずつ、少しずつ押し込んできます。

黒い物が2/3位入ったでしょうか、これ以上入 れられると無理と思い、思わず両手でビルを制止してしまいました。

ビルもこの位の位置で黒々とした物を出し入れし始めました。

黒いものが私のあそこに出入 りするたびに、ヌチャ、ヌチャと音をだして恥ずかしいのと、黒い物が出し入れされる卑猥さに暫くのぞき見していましたが、ビルの物が時々深く入る時があ り、この時はとても気持ちが良く、思わず大きな声で素直にビルに訴え続けました。

これが、先日の美香の声のもとだったんだと思いました。

私が騎乗位の時は 自分でお尻を振り、挿入の深さが自由にできるのでもっと良かったです。

前向き騎乗位の時はビルの指が私のクリを摩ってくれ、なお快感を味わせてくれまし た。

バックの時は奥まで入りすぎると、口から内臓がせり出す感覚でしたが、痛いとかはなく、自分でお尻を振っていました。

外人は持続時間が長くこの一回の 行為に2時間近くかかり、私は何度も絶頂感を迎えたか覚えていないです。

最後は正常位で、ビルが黒いものを奥深くに差し込んで子宮の奥に出してくれまし た。

隣の美香も同じようにしてもらってました。

人それぞれでしょうが、美香と私は今回はじめて白人黒人を経験しましたが、暫くは美香とこの話が話題の種 になりそうです。


検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。