エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

隣に越して来た結婚一年目の新妻の家に侵入して待ち伏せ

近所にすごいかわいい女性が引っ越してきた。
とはいえ、人妻である。
夫がいるのである。
普通の恋愛は無理でも・・・。

いろいろリサーチしてみると、
彼女はまだ結婚一年目の新婚さんだ。

新妻だから、
きっと毎晩、セックスしているに違いない。

旦那さんがうらやましい限りだ。

でも・・・。

俺だって、彼女をヤれるはずだ・・・。
何とか、この奥さんをものにしようと思っていた。
そんな日々が過ぎていく。

ある日のこと。
偶然にも、彼女がちょっと外に出たのを見かけた。
すの隙に、部屋に侵入した。

もちろん彼女にはバレていない。
わくわくして、部屋の中で、彼女が戻ってくるのを待つ。

五分ほどで戻ってきた。
すぐに脅して部屋の奥に連れ込んだ。
こうなればこちらのものだ。

彼女はおびえて、叫ぶこともできない。
好都合だった。

こちらは以前からの思いを遂げようと、
すばやく彼女を全裸にした。

嫌がる彼女の軽く顔をひっぱたく。
すると、急におとなしくなった。
簡単に、観念しやがった。

ひょっとして、彼女も期待しちゃってる?
俺に犯されるのを、わくわくしちゃってる?

股を開かせ、いきなり正常位でぶち込む。
変に時間をかけるのはまずいのだ。
一気に腰を振る。

いいのか悪いのか、
俺は早漏気味なのだ。
レイプにはもってこいなんだろう。

あっという間に、射精してしまった。
もちろん中出しである。

たっぷりの精液が彼女の子宮にめがけて
飛び散ったはずだ。

新妻に中だしなんて、
すごい満足感が得られる。

妊娠しないかな?
と、なんだかうきうきするような
期待感の日々を送っている。


検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。