エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

最近では通販で買ったバイブも入れてみたりして

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。

後輩から彼女になるまでの話

専門学校の部活で大島に合宿に行った。

一年生のマネージャーに股関節のストレッチをしてもらってる時に勃起してしまい、

冗談で『見てみ。起っちゃった。』というと、

顔を真っ赤にして、『・・・えっ、やだ』だって。

これを機に、下ネタで盛り上がろうと『こっちもほぐす?』って冗談でいったら、

『もう・・・ストレッチやめますよ。』って怒られた。

新入生歓迎会の飲み会で、俺がエロ大王であることは知られてたはずで、

酔った勢いでチンコ出した時も、この子の反応は最高だった。

後輩を入れての3P体験

大学生の頃付き合っていた幸美とはエッチなDVDを見ながらエッチする事も多かった。

ある時、幸美が「3Pってどうなのかな?」と言うので「してみたいの?」と聞くと

「ちょっと興味あるんだよね」って返事。

その時は「まあ、そういう風に思うのかな」ぐらいにしか思わなかったけど、

しばらくして幸美の希望はかなえられる。

高校の後輩(24歳・広末似でボーイッシュな感じ)

高校の後輩(24歳・広末似でボーイッシュな感じ)が地元に帰ってきていたので、遊ぼうぜと声をかけたが連休中で行きつけの店は全てお休み。
どうするかな?と車をまわしながら「そういやお前最近どうなん、彼氏とか」と聞いてみたら彼氏はいないが職場の上司(50歳)と1年くらい不倫してるらしく、別れようかどうか迷ってるとのこと。
あ、食えるかもと思い、
「その話もっと聞きたいけど、開いてる店居酒屋くらいしかないから、どっかで酒買ってホテルで飲もうぜ」と誘ってみた。

ビッチョビチョのマンコを勃起した男の前に突出しているんです。

エリカの太ももにチンコを強引に挟んで、俺は勝手に腰を振り出しました。
エリカはすぐに「やだやめてよ、こんなのダメだよ、彼氏に怒られるもん!」と抵抗しようとしたので、俺はエリカの耳もとで、今にも射精しそうな声で
「うわあああ、エリカ待って、やべぇぇぇよおおお、出ちゃうよ、エリカの太ももだけで出ちゃうよ、マジ気持ちイイ、エリカの太もも気持ちイイよっぉぉぉぉ、何でエリカこんなエロいんだよう、やべーよこれ」と泣叫ぶ様に言うとエリカはすぐに大人しくなりました。
たぶん可哀相だと思ったんでしょう。

俺は徐々に挟んでる位置を、上にあげていきました。
そしてとうとう三角地帯に到達しました。
そこはすでにヌルヌルエリアです!

ここを勢い良く擦れば、エリカの方に俺の亀頭がズッポズッポ飛び出して、エリカのむき出しのクリを俺のカッチカチのエラが擦りまくります!
俺はチンコのデカさには自信があって、エリカの話だと彼氏は大きくないみたいだったので、巨大なカリで、ズコズコ刺激してやりました。

するとエリカの反応が変わりました。


検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。