エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

ツーショットで出会ったバツイチ女とのエロバナ

彼女との出会いはツーショットでした。
声を聞いた印象は、可も無く不可も無くでした。
数十分話して、とりあえずHは置いておいて、食事だけでもと言う事で、会う約束をして電話を切った。
約束の日、教えてあった俺の携帯に電話があり、「待ち合わせ場所に着いた」との事。
急いで会社を出て、待ち合わせ場所に向かう。
紺色のボーダーラインのTシャツにジーパンの彼女が、公衆電話の横に立っていた。
他愛の無い挨拶をして食事へ。
よくよく話を聞くと、俺と同じ歳でばつ一らしい。
ビールを飲みながら食事をし、彼女の話を聞きながら時間が過ぎた。

残業していたら二人に襲われて…

「あ~もう、いい加減このコピー機買い換えてくれないかなあ…」

また調子が悪くなった機械を前にがっくりきながら、内心つぶやいた。

時計は20時をまわりそうだ。今日は見たい番組もあるのにな…

課長が戻ってくる前に仕事を片付けたい。帰宅前に一度、課に顔を出すと

いってたし、そうなるとまたなんだかんだ言われて、帰りが遅くなる。

AVで見たムキムキなダンディな彼が忘れなれなくて…

ちっちゃいお店で美容師してます。

アダルトビデオというものを見てしまった時からずっと考えてました。

こんなムキムキでエッチ経験がとても豊富な人に抱かれてみたいと。。。

母の乱れた姿に興奮してしまった

ハルキさん(20代)からの投稿?-夏休みで帰省していた俺は、近所を散歩したり、本屋で立ち読みをしたり、とぶらぶらしていた。
親父の三回忌も終わり、帰ってきても母親がいるだけで、退屈していた。
「ハルキ、晩ご飯何にする?」「何でもいいよ」あの日も、いつもと同じ会話をしていた。

パンツの中でクチュクチュと音が鳴り響く

俺が23歳の時バイクで事故って入院した時の事。
右手母子靱帯一部断裂により右手ギプス左肘骨折こちらもギプス。
両手ギプスの状態で入院生活を送っていました。
当然その状況は、強制禁欲生活・・・orz
2日目位までは痛みで特に気にならなかったが、3~4日目にもなると、だいぶ両手の痛みも治まってきて、ってか、朝立ちが凄かったね。もーそこまで来ると痛いのなんの・・。


検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。