エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

満員電車の中で彼氏とセックスした変態エッチ体験

私には2歳年下の彼がいて、同棲中です。同棲を始めてから数カ月、いつもいつも体を求めてくる彼にちょっとうんざりしている自分がいました。

Hするのは嫌いじゃないし、彼のことも大好きだけど、「自分だけイったらオシマイ」みたいな彼の態度にちょっとした不満を抱いていました。ようするにマンネリ気味になっていたのです。

でも、ある日を境にマンネリは解消されることになったのです。

ある日のこと、私はいつものようにバイトに出かけました。出かける直前も私に体を求めてきた彼・・・。

童顔で体も華奢な私はよく電車で痴漢をされていた。

都立の女子校に通う香織は通学電車でいつも同じ車両に乗っている大学生の雄一に思いを寄せていた。
 しかし2人は同じ電車に乗っているだけ。雄一は香織の存在すら気づいていないかもしれない。
 もともと内気な性格の香織には雄一に声をかけたり、手紙を渡す勇気が無かった。
 香織はいつも自分の勇気の無さを歯がゆく感じていた。

 「今日も手紙、渡せそうにないなぁ…」
 その日、香織は電車の扉のすぐ近くに立っていた。
 扉のガラスに反射して映る雄一がいつまでも遠い存在に思えた。

痴漢は俺は下手です、ですが昨日は最高だった。

出張で東京に行ったんだが、怖い思いをしたがすばらしいことが二つあったよ。
痴漢は俺は下手です、ですが昨日は最高だった。
まず六日前に大学生らしき女の子に痴漢したんですが「警察連れて行かれたいのか!」とものすごい怖い声で睨んできました。
正直もう東京ではしないと思いました、なんせ女の子や女性の横に張り付くと必ず睨まれる、というか捕まりそうな雰囲気がする。
もう諦めてたつもりだったんですが、三日前だけ別の仕事があって東京から離れたところのホテルに泊まりました。

私の場合、「中出し」することにあまり興味はないんです

私が好きなのは、もっぱら「中出しされたお○○こ」なんです。
そんなわけで、愛する妻に中出しを決めては、妻の中から流れる精液などを観察していんですが、これがどうも違う・・・。
何て言うか、私にとっては「中出しされたお○○こ」の「汚された」という感 じが好きなわけで、自分の精液では「汚された」という感じがあまりしないんですよね・・・(笑)。
じゃあ、どうしたらいいのかっって??
そう・・・妻の中に他人の精液を注いでもらえばいいんです!
もっとも、この気持ちを妻に理解してもらうのには苦労しました。

長距離バスの中で痴漢レイプされた

私は19歳の専門学校生です。先週の土曜日にH県の実家にバスで帰ったときのこと、実家での友人の結婚式に出席してから、深夜の高速バスに乗って学校のあるT県に向かっていました。T県は田舎でそこに向かうバスには最初からほとんど人は乗っておらず、私と男性の車掌さん(?)と40歳ぐらいのおばちゃんと20代後半ぐらいのスーツを着た人だけでした。空いているので自由に座ってくださいと言われていたので私は一番後ろに座り発車まもなく寝込んでしまいました。


検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。