エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

恋愛相談に乗ってくれた男友達と

私の彼氏は月に1度しか会えないんだけど、あまりにも寂しくて、男友達と食事に行ってきた。

その後バーに行って、静かな店内で恋愛相談した。

友達は私にとってかなり辛い助言をした・・・。

「彼とは別れた方がいいよ」

お互い終電も無くなって、近くのホテルに泊まらなきゃって事になって、ツインのベッドに離れて寝ました。

何もされなければ大丈夫・・・って信じてたから。

…………そしたら、「◯◯ちゃんと一緒に寝たいな」

って。

「えー?なんで子どもっぽい事を言うのぉ?」

って言いながら、私は彼のベッドの中へ。

しばらくすると・・・。

「あんな彼氏やめちゃいなよ・・・」

そして優しくキスしてきた。

「ちょ、ちょっと待って!私は彼氏の事は吹っ切れてるけど、あなたと今ここでエッチするっていうのはなんだか・・・」

「いいじゃん、寂しいもの同士、温めあおうよ」

胸を揉まれ、熱い彼のキスを受けている内に、私はもうどうにでもなっちゃえ!って気分になりました。

実際、彼氏とはもうエッチする気もなかったし、それに、今抱き合っている彼が私を見つめてくれる・・・。

そう思ったら、キスで彼が舌を入れてきても拒みませんでした。

だんだん2人でトロトロになり始めていたら、彼の右手がショーツごしに私のクリをなぞり始め・・・。

「あぁ・・・もうこんなに濡らしてるんだ?」

ブラもカットソーもスカートも、そしてショーツも剥ぎ取られ、私だけが全裸に・・・。

「お願い・・・明かりを消して・・・」

「でも、手が届かないよ」

手の届くところにスイッチがあるのに彼は焦らしてきます。

口と指で乳首を転がしたり吸い上げたりされ・・・。

「わぁ、もうこんなにクリトリスが大きくなってるよ」

と言いながら大きな指でゆっくり撫で回してきた。

しかももうアソコはビショビショで、「こんなに垂れてる」

って言いながら、お汁を指で掬い上げ、それをクリに擦りつけて撫で回しました。

私は耐えきれず・・・。

「こんな事されたら、欲しくなっちゃうよぅ」

「まだ駄目だよ。

これからだから」

そう言って彼はついに私のアソコに舌をあてがい、ジュルジュル・・・と音を立てて吸い始め、やがて右手の小指を肛門に、薬指と中指を膣口にあてがい、人差し指と舌を使ってクリを攻め始めました。

一気に奥まで突き刺すようにアヌスと膣の中に彼の指が入ってきて・・・。

「お、お願い・・・あぁ・・・いや!いや!いやぁ!」

すると彼は嬉しそうに、今度は左手の中指と人差し指を彼自身の口の中に入れて、たっぷり唾液を付けているところをわざと私に見せようとしてました。

そして、そのニ本の指をグチュっと音を立てて私の中に入れてしまいました。

下から擦り上げるようにして、私の反応を見るのが楽しいという表情をしながら・・・。

「もう我慢できないの・・・お願い・・・欲しいの」

「何が欲しいの?」

「あなたの・・・だめ・・・恥ずかしくて言えない・・・」

「でも言ってくれなきゃ何を入れて欲しいのかわからないよ?」

(わかってるくせに!!!!!)「あなたの・・・おちんちんを入れて下さい!!」

急に立ち上がった彼がサッとジーンズを脱ぎました。

すると私の目の前には、彼のアソコが・・・。

でも私、フェラが下手なんです・・・。

過去に何度となくしてきましたが、男の人をフェラでイカせられたのは1回だけ。

だから、する前に彼に言いました。

「私、すごく下手なの・・・」

すると彼は・・・。

「いいよ、焦らずにしてね」

それでもうどうにでもなれ!っていうか、本当に今はこの人の事を思って頑張ろうって思いました。

でも、すぐ彼のおちんちんを触っちゃだめ。

私もめいっぱい焦らしたかったので、まず彼の全身をキスしながら、時々舌を使ってました。

少しずつ彼のパンツからニョキニョキとアレが出てきて、思わず「すごーい・・・」

と声を漏らしたら、「口でして・・・」

って、切ない声で言ってきました。

堪らなく彼が愛おしくなって、そっと、パンツを下げました。

そこには凄くいきり立ってるアレが。

先っぽの方を少し舌で突いたら、彼が切なそうに、「あぁ・・・」

という声を漏らしました。

その声がもっと聞きたくて、竿を握りながらタマタマの方を逆の手で擦り、舌をつつーとアヌスに移した時に彼の体がビクンと仰け反りました。

今度は彼のアレを口ですっぽり包んで吸い上げると、口の中で液体がちょっとずつ出てくると同時にまた切ない声を漏らしてました。

感じてるんだなぁ・・・って凄く幸せな気持ちになったんですが、口でしてるとどうしても苦しくなっちゃって。

私はかなり口が小さいんです。

なので、「もう入れていい?」

って自分からおねだりしちゃいました。

すると彼は、「来て」

って・・・。

私、今までは正常位で入れてもらってから色々な体位にしてもらってたので、彼に「でも、この格好(対面座位?)だとちょっと痛くなるかもしれないから恐いの・・・」

と言ったんですが、彼は「大丈夫だよ。

痛くないようにしてあげるから、おいで」

と優しく抱き寄せてくれました。

もう何だって出来そうな気がしてきて、ゆっくり彼のアレの上に腰を持っていきました。

すると、数回先っぽを私のグジュグジュになった所に押しつけて、少しずつ私の腰を引き寄せて・・・。

自分でも驚いたけれど、意外にスムーズに根本まで入ってしまったんです・・・。

「あ・・・あぁぁ・・・!入っちゃった・・・」

すると彼はとても嬉しそうに、「入っちゃったね」

って。

でも動くとやっぱり痛くなるので、まず正常位にしてもらいました。

ゆっくり、ゆっくり、突き上げるようにされたり、回転しながら押し込まれたりして、何度もいやらしい言葉を自分から言い始めてしまって・・・。

しかも、クソニの時に私がクリでイキやすいのを見破られていたのか、彼は挿入しながら私のクリを指でいじめて来ました。

今までそういうやり方で攻めてくる人はいなかったので、堪らず何度も仰け反ってイッてしまいました。

すると彼も堪らなくなったみたいで、どんどん突き上げるスピードを早めて、私が「もっとゆっくりして」

ってお願いしても聞き入れてくれませんでした。

それでも、私は凄く満たされていて、最後は2人で抱きしめ合いながら一緒にまたイキました。

っていうのが、私が今1番忘れられないエッチです。

関連記事
2017/03/16 01:55 未分類 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。