エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

上司と事務所でSEX・・・1/6

ズボンを下ろしフェラチオ

ズボンをおろし「さあ、お舐め」「早速、舐めてもらおうか」

三杉課長はイスに背もたれをして、腰を突き出しました。スラックスのチャッは開き、そこからは黒々とした男の逸物が毒々しく生えています。私はフロアに両膝をつきました。逸物を右手で握り、左手で垂れてくる黒髪をかき上げながら、硬直した亀頭を唾えます。「むふふ……いいぞ。麻丘くんのフェラチオは、一回ごとによくなっていくな……」

課長の声が、オフィス内に広がります。午前七時三十分。九時半始業のオフィスには、誰もいません。私たち以外には・・・。私は、ぴちゅぴちゅとねちっこい音を響かせながら、亀頭をしごいています。

舌先は頭の切れ口をいじったり、ウラ筋をくすぐつたり、確かに、課長の言うとおり、フェラチオをするたびに、うまくなっているでしょう。

「とにかく、早く終らせたい……」

という私の気持ちが、知らず知らずのうちにテクニックを磨いたようです。

「んくっ、んくつ、んくっ……」
「ふむむ……こいつはたまらん!」

課長は快美に表情を歪めながら、腰を動かします。先っぽが喉の奥にめり込み「うえっ‥」ともどしそうになりますが、私は吐き出しません。亀首の張り具合を確かめると、今度は横唾えして、茎をこすります。ただ口の中で動かすより、茎責めを時折、挟んだ方が、より早くイクということに、いつの頃からか気づきました。

「うう……くっ……来るぞ!!」

課長の腰がせり上がりました。私は再び亀頭を唾え、頼をすぼめて、スパートをかけました。

「むふっ、むふっ、うう……はうううっ!!」

ビククッ……と肉棒が波打ちました。スペルマが、私の口の中いっぱいに飛び散ります。

本当は吐き出してしまいたいのですが、課長は、私がスペルマを飲み干して、濡れたペニスを唇で拭うまでは、私の頭をつかんでいる手を離してくれないのです。私は、苦しくてたまらない白汁をごくりと流しこみました。

ペニスもすっかりきれいになると、課長は満足気な顔で、しぼんだ肉棒をスラックスの中にしまいました。

「ごくろうだね、麻丘くん。今日は夜、残業してもらうから」

と言うと、席を立ち、オフィスを出ました。課長のいなくなったオフィスは、まるで何事もなかったように、静まり返っていました。私は、入口近くの自分の席に戻り、力なく椅子に座りました。そして、両肘をついて、指を組んだ手の甲に、額を乗せました。

(もう……イヤッ……)きゅっと瞼を閉じると、涙粒が机の上で弾けりました。

いつまで、こんな状態が続くのか…‥・考えれば考えるほど、つらく、悲しくなってしまいます。それだけではありません。イヤイヤ受け入れてた課長のはずなのに、このごろでは、課長のプレイに感じはじめているのです。

今ほど、女であることを悲しく思ったことはありませんでした……。けど、仕方ないのです。もし、課長の申し出を断われば、私は刑務所に行ってしまうかもしれないのです。

2/6へ続く







関連記事
2017/03/28 09:46 未分類 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。