エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

サークルにロリ系の女

かなり前、まだロリ系の女に萌えてた頃だから、10年ぐらい前の話。

そのころ、サークルに新入生が入ってきたのね。男も女も美男もブスもぞろぞろと。

その中で、俺のストライクゾーンど真ん中のロリ系の女がいたんですよ。顔はキレイというよりカワイイ。

150ぐらいの身長で、当時は珍しい茶髪の、お洒落な娘だったのです。速攻で目を付けたんですが、当時彼女Yがいたのでおおっぴらにも行動出来ずにいました。

そしてかれこれこれかれ、2ヶ月ぐらい経ったころでしょうか…

ともかく、Yと普通に彼氏彼女してたんですが、どうしてもそのロリ女が頭にこびりついてるんですよ。こういう経験あるでしょ?

そのロリ女とも、普通に会話するような感じになっていたのですが、目の前にいるとカワイクてやっつけたくなっちゃうんですよね。

まあそんなこんなで、出会って2ヶ月ぐらい経ったころ、ある打ち上げがあったんですよ。終電終わりぐらいで、俺は10人ぐらいのグループを引き連れてました。

もちろん、そのグループにはロリ女もYもいました。
後輩「誰かの部屋で飲もうぜ。ね、先輩(俺)飲みましょうよ。」

こいつには後日メシおごりました。

ともかく、これ幸いと、俺「だったら○○(ロリ女)の部屋はどう?○○、良いよね?この前おごったじゃん。」

ロリ「えー?狭いですよ!」
俺「大丈夫だよ。皆座って飲むだけだし。」

必死でした、俺。Yも隣にいたんですけど内心必死でした。ロリの部屋に行ってみたかったんですもの。

ロリの部屋に、なんなく上がり込み、買い込んだ酒でまた宴会が始まりました。

この辺はどうでも良い話なので省きますが、ただ一つだけ、ロリは彼氏ができていました。

そいつもそこにいまして、ジェラシーのようなうらやましいような、そんな気分で酒を飲んだことを覚えてます。

さて、夜も更けて結局寝ようということになり、8畳ぐらいの1Kに10人ぐらいが雑魚寝ってことになりました。当然周囲の配慮もあり、俺と彼女のYは隣同士でした。

その時は、男女4:6ぐらいだったかな。ともかく、男は端に寝て、中心に女が固まるって感じにしたのです。

ただ、ロリは家主だったため、少しだけ出た洗い物をしていたので、その中心にはいけませんでした。

洗い物を終えたロリは、部屋に戻ってくるなり、横になりました。

俺は半ば眠っており、Yとは毛布の中で手をつないでいたので、全く気づかなかったのですが、ロリは一番入り口付近にいる俺の隣に横たわったのです!

<図解>
MMMWWWWWY俺←ロ

ちなみに、ロリはミニををはいて、シャツを着ていました。ミニは膝上のチェック柄でした(余談ですが、ロリは普段からよくパンチラしてました。

本人は意識してなかったようですが)。足が細めで、結構キレイでしたね。服の上から見たスタイルは、普通でした。まあ、これがあとあと違うということに気づくのですが。

豆球だけの部屋でした。俺は、状況を確認しました。

1.全員が寝ているか?
2.Yは寝ているか?
3.ロリは寝ているか?

1はクリアーでした。寝息が聞こえます。探った結果、2もクリアーでした。酒を飲ませたことが功を奏したようです。マジ寝でした。そして、3。これはわからない。背中を向けてたからです。

まず俺は、雑魚寝ですから、てんでばらばらに掛かっている毛布やら布団やらのうち、俺が掛けていたものをロリに掛けました。

まだ6月の涼しい明け方、優しい先輩として後輩に風邪をひかしてはならんというシチュエーションにも見えるように自然に掛けました。

ロリは起きませんでした。俺は、布団を掛けながらロリの姿を観察しましたね。ロリは軽ーく寝息を立ててました。ブラヒモが透けていました。紺ブラです。

横になって寝ているためか、胸が潰されて、谷間が見えました。さすがに萌えまして、股間はギンギンになってしまいました。

布団をかけ終わった頃、次にどうするか考えました。まずロリの方向に体を向けようと思ったのです。ゆっくりYとの手を離し、そろそろと近づいて体を回転させます。

Yは結構敏感なヤツで、いつもなら手を離したらすぐに気づきます。しかし!この日に限っては起きません!俺は寝苦しいような振りをして、「うーん」とか小声で言いながら、回転を完了しました。

これで俺は、横になって眠っているロリの、背後に位置し、ロリの方を向いているというポジションをとったのです。

そしたら、あまりにも偶然だったんですが、ちょっと動かした俺の手が、ロリのケツを触ってしまったのです。これには、俺も焦りましたね。すぐ手を引っ込めて様子を見ました。

でもロリは身動き一つしません。寝息が聞こえます。

これで、気分が楽になった俺は、ロリのケツに手を当てました。寝ているんだけど、寝苦しいという演技をしながら。だけど、まだ警戒してまして、手は動かさずにいました。

結局5分ぐらいそのままでしたでしょうか。結局ロリは寝息のママ。俺はもう良いだろと、微妙に上下に動かしてみました。

ハリのあるカワイイケツでした。すげえ触り心地が良いです。(次回へ続く)
関連記事
2017/04/02 01:11 未分類 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。