エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

親戚の娘の色気に続続続編

前編は以下のとおり
親戚の娘の色気に
親戚の娘の色気に続編
親戚の娘の色気に続続編

寝室に行くとライトの謎は解けました。どこかのブティックのものでしょうか。半透明の赤いビニールが
かぶせてありました。きっと芽衣の仕業でしょう。

スイッチを押すと部屋が薄暗い赤い光に包まれます。15歳の少女が考えることとは思えない淫靡な演出です。

この部屋で彼女が「もっと気持ちいいこと」をしてくれる。私はその日何度目か知れぬ胸の高鳴りを覚えました。

ベッドに横たわり彼女を待つ長い時間がやがて過ぎ、ノックと「お待たせ。」という声が聞こえました。部屋に入って来た芽衣を見て私は息を飲みました。

やって来た芽衣は学校のセーラー服姿でした。とても短いスカートにルーズソックス。芽衣はスカートをめくって下着を見せつけながら言いました。

「おじさん、こう言うの好きでしょ。ふふっ。」

妖しい赤い薄暗い寝室。自ら下着を見せつける年端も行かない学生服姿の少女。股間を膨張させた裸の中年の男。何と淫らで罪深い情景でしょう。

芽衣はその姿のままベッドに両手をつき、四つんばいの姿勢で私の方に近づいてきました。私は金縛りにあったように動けません。

やがて私の頭の左右に両手をつき、全身で私におおいかぶさるようになると真上から私を見下ろし言いました。

「おじさん、これまでよく我慢できたね。ご褒美をあげる。」芽衣は私の股間に手をあてゆっくり愛撫しながら、まず私の顔に良く濡れた舌を這わしました。

それまで幾度となく射精感を感じてきた私の股間の先端からは既に液体が滲み出し、私は小刻みに、あっ、ああっと喘ぎ声を上げました。

芽衣は私の体中に舌を這わし、時折短く口付けをし、あるいは軽く吸い付いたりと変化に富み、素晴らしい技巧です。私の体がどんどん芽衣の唾液にまみれていく。

恐らく、、、やはり予想したとおり股間には気付かなかったかのようの彼女の顔はそこを通り過ぎました。けれども私はその時を期待し、待たずにはいられませんでした。

やがて彼女の口が私の足の指までしゃぶりつくすと、彼女の顔はまた浮上し、私の股間の前に止まりました。

彼女は私にいたずらっぽく尋ねます。「どこか洗い残したところはぁ?」

「あう、ああ、お、おちんちんを。」「うふっ。おちんちんをどうして欲しいの?」「な、舐めて欲しい。」

「ふ~ん。15歳の女の子におじさんの汚らしいチンポ舐めさせたいんだ。舐めるだけでいいのぉ?」

「ししゃぶって欲しい。」芽衣が意地悪な顔を浮かべて言いました。

「おじさん、どんだけ変態なこと言ってるかわかってるのぉ?」私は泣きそうな顔を浮かべて言いました「おねっ、お願いします。」

すると芽衣はあっさりとその単語を口にし、この場に及んでまた私を興奮させました。

「いいよ。フェラチオしたげる。」芽衣の若い舌が私の体の一番敏感な部分に触れました。袋を、そして管をねっとりと2度、3度と唾でたっぷりぬらした舌で舐め上げ、

「口に出していいよ。」と言うと、私の肉棒が彼女の口に包み込まれました。その瞬間、私の背中から肩へ走り、広がるような快感が訪れ私を襲いました。

学生服姿で、四つんばいになり、ヒップを突き出し、口内の管に下を絡めつけ、ぶじゅっ、じゅぼっと
卑猥な音を鳴らしながらゆっくり、あくまでゆっくりと顔を上下させ私の肉棒を愛撫する芽衣。

今回はとてももう我慢することなどできませんでした。
「ううっ、ああ、いいっ、あああああああっ。」

強烈な快感に包まれ、私は芽衣の口の中で果てました。私の体は痙攣するように震え、肉棒はこれまでに感じたことの無いほど激しく脈打ちました。

やがて絶頂の波が引き、芽衣もそれを感じ取ったのか私の肉棒から口を離し顔を上げました。

そして私を黙って少し見つめ、やがて口の端から一筋、排出したばかりの私の精子がたらっとこぼれ
落ちました。彼女は手の平でそれをぬぐい、舌で舐め取って私に言いました。

「ふふっ。すごい量。ほんとに変態なんだから。気持ち良かった?」
「う、うんっ。すごく良かった。」

「ちょっと休憩がてら、そこで一服しながら見てて。」
彼女はベッド脇の椅子を指差しました。

どういうことなのか分かりませんでしたが、彼女の指示どおり灰皿を持って椅子に腰掛け、煙草に火をつけます。彼女はベッドに仰向けに横たわりました。

そのうち彼女は両手で胸元を妖しくまさぐりました。最初は触れるか触れないか微妙なやわらかいタッチで、徐々に力をこめ、もみしだくように。

それにあわせて甘い吐息を漏らしだしました。そして片手がすすっと下に移動し、短いスカートをめくり上げると、ピンク色の下着越しに恥部を愛撫し始めました。

もう一歩の手はいまやセーラー服の隙間から中へ侵入し、そればかりかブラの下に滑り込まれています。吐息はいつしか甘い喘ぎ声に変わっていました。

下の手はいよいよパンティの脇から中へ潜り込まされ、直にそこに触れ始めたようです。喘ぎ声はより大胆に、奔放になって行きます。

顔だけは幼さを感じさせる少女が、私の前で学生服をはだけ自慰行為を繰り広げている。私の股間は再び熱を帯び始めました。

ふいに芽衣は私のほうへ顔を向けました。これまで以上に妖しく、淫らな表情です。

「おじさん、おちんちん暖まってきた?」私はこくっこくっとうなずきます。

芽衣は笑みを浮かべ、「それでは、いよいよぉ、、。」と言うとベッドの上に立ち上がりました。

私の目をじっと見つめ、暗い赤い光に照らされ最初にセーラー服の上着を脱ぎ捨てる。

それからスカートも脱ぎ捨て、極小の水着につつまれたはちきれんばかり肉体を見せつけました。その素晴らしさをあらためて感じました。

そしてまた私をひどく興奮させるようなことを言います。
「じゃーあ、これからぁセックスモードの私を見せてあげる!」

彼女はくるっと後ろを向き、ブラをすっとはずして、ベッドの下に投げ捨てました。それからパンティーも、、、。私はくいいるようにそれを見つめ、息が荒くなりました。

彼女は今度はとてもゆっくり私の方へ向きなおりました。夢にまで見た芽衣の裸体がそこにありました。むちっとした肉感的な体。幼さを感じさせる顔立ちとのギャップ。

芽衣の乳房は想像以上に豊かで美しく、乳首はピンク色でした。その部分と股間だけが他の箇所程日焼けせず色が薄くなっているのが、また私の興奮を誘いました。

先ほども似たような表現を使いましたが、状況はより淫らなものとなりました。

妖しい赤い薄暗い寝室。挑発的に裸体を晒す少女。全裸でどす黒い欲望にまみれた肉棒をも晒す中年の男。

今でも、その光景を思い出し恥ずかしくあるとともに興奮を感じずにはいられないのです。

彼女は私をどこに連れて行こうとしているのか?芽衣は私を見つめて言いました。

「どう?私のセックスモード。ソックスはあったほうがいいでしょ?おじさん、変態だから。」

そして仰向けに横たわると手招きするような仕草でまた言いました。
「ねえ。来て。私のマンコでいっぱい気持ちよくしてあげる。」

私は恐る恐る立ち上がり、ふらふらとベッドに横たわる芽衣のところへ行きました。彼女の体の左右に手をつき、顔から裸になった体まで眺める、夢のような淫らな眺めです。

芽衣が膝を挙げ私の股間をこすりつけながら言いました。

「私のおっぱい吸いたかったんでしょ。吸っていいんだよ。変態のおじさん。」

その言葉にたががはずれたように、私は少女の乳房にむしゃぶりつきました。

すべすべと滑らかで弾力ある肌。ぴんと突き出た乳首。舌を這わし、口で含むととても甘い感触を私にもたらしました。

それに呼応するように彼女も甘い喘ぎ声をもらし、私の欲情をさらにかきたてます。

両手は若い体の感触を少しも逃すまいと、全身を探るように撫で回し、やがて秘部へ向かいます。

乳首は吸いながら、人差し指で陰毛を掻き分けクリトリスを弄ぶ。

「あぁん。」とても淫らです。クリトリスを後にし恐る恐る人差し指をさらに下へと移動させると、ゆっくり膣内に差し込みました。

芽衣の中はとても暖かい液体であふれ、よく濡れていました。
「ああ!あっ、あんっ、あんっ」

芽衣の顔を覗き込む。幼さの残る顔を上気させ、それでいてその口から出てくる喘ぎ声はふしだらな
喜びにどっぷり浸かった毒気のある甘さで満ち溢れ、私の脳裏を刺激します。

私は指で彼女の膣内の感触を楽しみつつ、さらなる興奮をもとめ、怒張した股間を彼女のすべすべのももにこすりつけました。

やがて、彼女は「あん、おじさん、超えろい!ねっ、舐めあいっこしよっ。」と言うと、私に下になるよう促しました。

そして私の頭を後ろに四つんばいになり、その果実のようなヒップを私の顔に押し付ける、その瞬間、生暖かいねっとりした感覚が私の股間をつつみこみました。

私は夢中になり、彼女の甘い桃尻にしゃぶりつき、膣に舌を這わしました。寝室が淫らな声と音が満たされました。

「あん、くちゅっ、ちゅぱっ、、」
「ああ、はああ、れろれろれろ、ぶじゅっ、ぶじゅっ」
「あああん。」

わたしはふいにベッドの横の鏡台に映った光景を見て欲情を一層高めましたのです。

全裸で互いの性器を無心に淫らに貪りあう幼い少女と中年の男性、、、、

やがて芽衣はそれまでの行為を止め、仰向けになった私のほうを向き直りました。

彼女は私を上から見下ろし、怒張し腹に付きそうなほどそそり立った私の肉棒をつかんでゆっくり上下させながら言いました。

「うふっ、超固ぁい。そろそろ食べごろかな。おじさんの汚いチンポ食べてあ・げ・る。」

まさか!?そのまさかでした。彼女はゆらっと私の体をまたいで反対側に片膝をつくと、私の肉棒の上にゆっくり腰を下ろしていく。

ついに彼女の膣が肉棒をにゅるって飲み込みました。その瞬間、私と彼女は同時に、罪深い背徳感に満ちた、深く抑えたような吐息をもらしました。

彼女の膣はその口とはまた異なる暖かさと粘着性に溢れ、とても気持ちよく私の肉棒を包み込み刺激してくれました。(次回へ続く)
関連記事
2017/04/05 09:15 未分類 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。