エロバナ~エロいお話し~

非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 | コメント(-)

子宮の中に大量のスペルマを

オレは40ちょっと手前のさえない中年男、

髪も少し薄くなり腹もちょい出てきたのが気になる。背も160と小さい。

そんなダサいオレでも19歳のナイスバディをセフレにできたんだから世の中わからないものだ。出会いのきっかけは詳しくは語らない。

カノジョを初めて見て、オレはたまらなく下心を抱いてしまった。

170を超える長身、栗色の髪、派手でおねえ系の顔立ち、日焼けしたきれいな肌、たまらなくフェロモンを感じさせる香水・・

そして何よりのバスケ・水泳で鍛えたというグラマラスバディB90W62H93腰周りの量感がたまらない。何から何までオレ好みだった。

そしてオレはカノジョをラブホに誘いカノジョは快く応じた。

フロントでかぎをもらい、エレベーターで部屋に向かうときからカノジョの甘い香りをかいだだけでオレはたまらなくなり、服の上からもわかるナイスバディをまさぐった。

ラブホの部屋に入るなり、2人はベッドに横になりお互いに服の上から体をまさぐりあった。しだいにお互いの服を脱がせあう二人・・ついには二人とも生まれたままの姿になる。

オレは理性を完全に失い、カノジョの豊満なバディに夢中でむしゃぶりついた。若い娘のはちきれんばかり甘い香りに酔いしれてオレのチ○ポは暴発寸前となった。

オレの怒張したチ○ポがいきそうなのに気付いたカノジョはオレをバスルームへ誘う。

バスルームで二人は泡まみれになってお互いの体をあらいっこした。オレはカノジョに抱きつき、カノジョと深く舌を絡めた。

オレより10センチ以上背が高いカノジョに抱きつくと、オレの顔の真正面にはカノジョの豊満なバストがある。オレはひとしきりカノジョのおっぱいに顔をうずめ甘えた。

二人でバスにつかりオレはそこでもカノジョのバストにむしゃぶりついた。湯船の中でカノジョはフェラもしてくれた。

オレはもうたまらなくなり、カノジョを四つんばいにさせ豊満なヒップをわしづかみにして、怒張したチ○ポにゴムをつけバックから挿入した。

年甲斐もなく夢中で腰を振るオレ、カノジョはバスルームに響くあえぎ声を出す。

それだけでオレはたまらなくなり、インサート時からたった3分ほどあえなくいってしまい、ゴムの中に大量のスペルマを放出した。

短いインサート時間ではあったがバスルームでの激しいファックの後、オレは放心したようにベッドに横になった。

しかしオレよりも20歳以上若くて体力もありノリがよくH大好き娘の彼女はベッドに横になるやいなや、スペルマ放出後のオレのしぼんだチ○ポを口に含んだ。

なんて優しい唇なんだ!オレのチ○ポはカノジョの口の中でたちまち元気を取り戻し再びカチカチになった。

オレはまたたまらなくなり、カノジョのHでグラマラスなナイスバディにむしゃぶりついた。それからかなりの時間オレはカノジョの男を狂わせる甘い香りのする淫乱な若い肌に酔いしれていた。

ベッド脇の鏡に映る彼女のHな姿態を見るだけでオレのチ○ポはイきそうになる。オレは再びカノジョの絶品のフェラを味わいたくなってカノジョにねだった。

カノジョがオレの上になり69の体位になる。カノジョはオレの怒張したチ○ポをいとおしいそうに口に含む。オレの目の前にはカノジョの濡れ濡れで熱くなったヴァギナが全開している。

今度は絶対カノジョより先にいってなるものかと思い、オレはカノジョのヴァギナをクリから周辺を舐め始めた。カノジョのボディはさっきの全身愛撫より明らかに敏感な反応をしめしたみたいだ。

ふと気がつくと、オレはグラマラスなナイスバディを弓なりにしてHなよがり声を出しているカノジョの愛液でまみれているヴァギナをクリを中心に夢中で舐めまわしていた。

カノジョはクリを刺激されフェラするのを忘れてオレのチ○ポをつかんだままいきまくっていた。何度もアクメをむかえているかのようだった。

オレは何度もチ○ポをフェラするように頼み、そのたびにカノジョは口に含んでくれた。オレもカノジョも無我夢中になってお互いの秘部にむしゃぶりつくそのさまは、完全に理性を失っていた。

69でオレはカノジョのクリから熱くぬれたヴァギナを舐めまわし、カノジョはオレの怒張したチ○ポをフェラする。全くエンドレスの69で30分以上も続いただろうか。

カノジョは何度もアクメをむかえたみたいだし、オレも何度もいきそうになり、そのたびに「ちょっと待って、いきそうだ」とカノジョにフェラをとめてもらい手でしめてもらったほどだった。

部屋は淫乱なオーラに満ちていたようで、なんとベッド脇の鏡は二人の猛烈なHな熱気と湿気で完全に曇っていたほどだった。

カノジョももうたまらなくなってきたのか、せつなそうに、「ねえ、もう入れて、もうガマンできない、お願い」とインサートをせがんできた。

カノジョのHなナイスバディにむしゃぶりついたときも、エンドレスな69でも何度もオレはいきそうになったが、オレもそろそろガマンができなくなった。

カノジョは怒張してカチンカチンになったオレのチ○ポにゴムをつけてくれた。

バスルームでのファックと同様、カノジョを四つんばいにして再びバックで挑もうとしたが、Hなオレに名案が浮かんだ。(次回へ続く)
関連記事
2017/04/06 17:16 未分類 | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



検索フォーム
QRコード
QR
フリーエリア








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。